なぜお勤め先に事前に在籍確認の話をしておくべきなのか

 

会社に対して申し込み手続きをすると、電話が来るケースも珍しくありません。その電話を受信できれば、問題なく申込み手続きが完了する事もある訳です。そのため申込みに先立って、お勤め先に対してその旨を話しておくとスムーズになる場合があります。即日キャッシングはその1つです。

 

最終段階で電話が来る

 

融資関連の商品では、必ず様々な確認が行われる事になります。果たして返済力がある方なのかどうかを、色々な基準で確認をする事になるのです。というのも金融会社としては、なりすましなどを警戒しています。全く別人の方が申込みをしている可能性もあるので、無難を期して電話で確認をする訳です。ちなみに、それは審査の最終段階で行われる事になります。

 

電話を取れないと審査落ちになる

 

そして問題は、その最終確認の電話を受信できるか否かです。何かの問題があって受信できなかった場合は、残念ながら審査落ちになってしまう事があります。なりすましなどが懸念されるからです。

 

セキュリティが厳しい会社では受信が難しい

 

ところが最近では、色々な会社は警戒心が強くなってきています。色々とセキュリティー関連の問題があるので、在籍確認が難しくなるケースも多々ある訳です。会社のルールによって、全ての金融会社からの確認電話をお断りしている所も見られます。もちろん断っていない所もあるのです。それぞれの会社により、ルールも異なる訳です。

 

勤務先に話しておく

 

ではそのような会社にお勤めの方々は、在籍確認が難しくなるかと言われれば、そうとも言えない一面があります。というのも人事担当の方に話をしておけば、特に問題なく確認できるケースもあるからです。例えばAという金融業者に申し込みをして、自分のお勤め先がBだとします。その際はB社に対して、「Aという所から確認の為の電話が来るので、受信をして下さい」と話しておく方法もあります。するとその旨を承知したB社としては、A社から電話が来た時にスムーズに受信してくれる訳です。ですので金融会社から着実に借りたい時には、できるだけB社に対して上記のように話しておくのが望ましいでしょう。ただ人によっては、B社に内緒で借りている事もあります。もちろんその場合は、無理して話す必要も無いでしょう。ただ話しておく方がスムーズにはなりますね。

 

最終段階ゆえに話をしておく

 

ちなみに前述のように、在籍確認の電話は審査の一番最後の段階となります。ですので電話さえ無事に受信すれば、たいていは問題なく借りれます。ですので結局は、上記のB社の部分に事前に話しておくのが無難と言える訳です。それが可能な会社ならば、やはり極力話を通しておく方が良いでしょう。