プロミスから始まった多重債務

 

1・パチンコがやめられない

 

学生の頃からパチンコ好きで暇があればパチンコに足を運び、勝つこともあれば負けることもある。学生の頃はアルバイトで稼いだ金をつぎ込むくらいで、大きな金額を使うことも無く、貯金もそこそこあり特に生活に困ることもなかった。高校を卒業と同時に就職し当時住んでいた川崎から、地方に単身引越しサラリーマン生活をしていた。

 

就職したばかりの頃は覚えることが山のようにあり、遊ぶ余裕もなかったが就職してから2,3年が経ち徐々に仕事にも慣れ時間にも余裕がでてきたので車の免許を取得することにした。仕事をしながらだったので普通の人よりは時間はかかったのかもしれないが、なんとか普通免許の取得ができた。

 

教習所に通っていた時間が無くなり、地方での勤務だったので友達もおらず、この頃からパチンコに行くことが増えた。休みの日は朝からパチンコに行き昼に少しの休憩をとり、閉店までパチンコ。社会人になってからはつぎ込む金額も学生の頃に比べると大きくなっていた。

 

2・貯金がなくなる

 

パチンコがなかなか止められず、暇ができるとすぐにパチンコに行く生活が続き車の購入などもあり貯金は見る見るうちになくなっていった。夏や冬にはボーナスがもらえていたので、なんとかマイナスにはならずに生活していたのだが、車の修理や税金の支払いが重なり、遊ぶ金も底をついた。支払いが追いつかず給料日まで後10日、しかたなく消費者金融で10万円の借り入れをした。最初に行ったのはプロミス、自分が想像していたよりは簡単に借り入れができ、その月の生活費にまわした。

 

あまりにも簡単に借り入れや返済ができるので借金という感覚がなく、まるで自分の口座から金を出し入れしているみたいで気軽に利用していたのだが限度額の10万円はしばらくすると20万30万まで借り入れできるようになっていいた。

 

3・いつか返せるだろう

 

ボーナスが入った時に少し多めに返済するようし、借りては返すを繰り返していたのだが30万の限度額まで借り入れをしてしまい、生活費にこまり今度はアコムに行ってみた。こちらも予想以上に簡単に借り入れができ最初は10万だったのが20万30万と増え、気がつけばプロミスから50万、アコムから50万の借り入れがあり、毎月返済してはいるが完済できる見込みもほとんどなかったが、いつか返せるだろうと軽い気持ちでその後も同じような生活を繰り返し徐々に借り入れも2社から3社と増えていった。

 

ちょっとしたきっかけで消費者金融から借り入れをしてしまい、おまけにギャンブルが止められない、知識もない、気がつけば多重債務者に陥っていた私だが、仕事は辞めずにいたので返しては、借りての繰り返しを何年も続け生活は苦しかった。今思えば借り入れをしたのが悪いのだが、もっと早く債務整理をしておけばよかったと後悔している。